まだまだ漢字はてんこ盛りッ!アマルジャは四文字熟語族
FF14、あるイベント内でのNPCの台詞 ↓

栄光のイクサル:おまえのっォせいでッ!!!痛手さえッ負ってなければッァ!!!
豪放闊達なるアマルジャ:漫言放語、唯々悶絶躄地せよ。


[ 漫言放語 ] まんげん - ほうご
 口からでまかせに、勝手なことをいい散らすこと。
 ▽「漫言」は思いつきでいう言葉。「放語」は勝手なことをいい散らすこと。
  「放語漫言ほうごまんげん」ともいう。

[ 悶絶躄地 ] もんぜつ - びゃくじ
 非常な苦しみの形容。立っていることができないほど悶もだえ苦しんで、転がってはいずり回ること。
 ▽「悶絶」は悶え苦しんで意識を失うこと。苦しんで気絶すること。
 「躄地」は両足で立つことができず、地をはうこと。「悶絶もんぜつして地ちを躄いざる」と訓読する。

FF14は漢字の勉強になるなー・・・
漫言放語は未だ読めたけど、悶絶躄地だなんて知らなかったし「びゃくじ」って読めもしなかったよ。
アマルジャさんは四文字熟語族なのか?つーか、外国語だとどんな風になるんだろうね~
そういうのは少し興味があるなぁ~

つーか、「唯々(ただただ)」ってわざわざ漢字にする?
雰囲気を出す為なのだろうけど、コレはちょっとユーザーに配慮が足りない気がするんですが・・・
なんだろう、馬鳥とかの所為もあってか漢字に過剰反応しちゃうのかな~?

漢字を使ったり、横文字を使ったりして雰囲気を出すのも一つの手法だと思うけど
漢字以前にFF14全体に言える事だけど、作り手側の自己満足だけでユーザーを置いてけぼりにしてる感が強い。

きっと高橋留美子せんせなら
『わからない読者が馬鹿なのではなく、わからせることのできない作者が馬鹿なのです』
と、一刀両断してくださるに違いないw

なんだか14、不満しか出てこないなぁ・・・なんかイイトコ挙げられないか探してみるか。
[PR]
by plesha | 2010-10-14 09:44 | FF14
<< 11に有って14に無いもの 改善されれば良くなると思うけど・・・ >>